良い不動産物件を探すために知っておくべき裏ワザ TOP

このサイトについて

一般的には部屋を借りる時には、陽当たりの良い南向きを選ぶといいと言われています。
そのため南向きの部屋は他の部屋に比べて、賃料が多少高めになっている場合が多いです。
しかし実際に暮らしてみると、南向きよりも東向きの部屋の方がいいとわかります。
なぜなら東向きの部屋には朝から陽が射し込みますし、午前中はほぼ陽当たりが良いのです。
南向きの部屋は午後の陽当たりがいいのですが、ほとんどの人は学校や会社へ出かけてしまいますから、午後に陽当たりが良くても余り関係ないのです。
不動産屋めぐりをして部屋を探す時の裏ワザの一つとして、朝一番の目覚めの時に陽が当たる東向きの部屋を選ぶようにしてください。
もう一つの部屋選びの裏ワザは、ドアの位置を確認するということです。
同じ6畳の部屋でもドアの位置によって、広さの感覚が全く違ってしまうのです。
狭く感じるのはドアが部屋の角についている部屋です。
ドアが角についているとデッドスペースになってしまい、室内の家具の配置が難しくなってしまいます。
少しでも部屋を広く使うには、部屋の四隅をすべて使えるのが基本になります。
事前に部屋の下見をする時に、部屋の角にドアがある場合は敬遠する方がいいのです。
部屋選びで最も大事なのは第一印象ですので、とにかく部屋探しには物件をたくさん見ることが大切です。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    連帯保証人がいなくても借りられるので、入居時のわずらわしさが不要の橋本の賃貸情報サイトなら、交通手段も豊富な住みやすい街なのでオススメです。
    圧縮、引っ張り、曲げ、せん断等において、ムク材の1.3倍の強度を誇る、高精度プレカットのエンジニアリングウッドを使用した注文住宅を鎌倉周辺で探しているなら、接合部にも高い耐久性を持つ、独自に開発されたSE金物を使用し、高い安全性で暮らしを快適にしてくれるのでオススメです。
    学生や単身者向けの物件が多数掲載されている府中周辺の賃貸情報サイトなら、大企業の研究開発所や工場等の大規模な施設が多く、多摩川をはじめとした多くの緑地が点在しているので過ごしやすい環境が手に入ります。
    Copyright(C) 良い不動産物件を探すために知っておくべき裏ワザ All Rights Reserved.