良い不動産物件を探すために知っておくべき裏ワザ TOPコンテンツ一覧 >部屋を借りる時に格安物件を探すポイント

部屋を借りる時に格安物件を探すポイント

引越しの時の部屋探しで少しでも格安な部屋を借りるには、不動産屋を5件から8件回ることが必要です。
初めに訪ねた不動産屋で適当な部屋が見つかったとしても、そこで決めないで他の不動産屋を回ってください。
もしその間に借りられてしまうのがイヤだったら、少し手付け金を払っておけば大丈夫です。
格安の部屋をゲットする裏ワザは、自社物件か管理物件を探すというのがポイントです。
自社物件というのは不動産屋が所有しているものなので、仲介手数料がいりません。
管理物件というのはオーナーから管理を任されているもので、直接オーナーと交渉ができるため、価格交渉をしやすいのです。
しかしネットやチラシなどの広告で表示されているのは、ほとんどが自社物件でも管理物件でもありません。
仲介手数料などが発生しないので、宣伝しないためです。
そこで、自社物件や管理物件かどうかを見分けることが必要になります。
見分ける裏ワザは、物件の下見にいった時、現場に管理会社の看板が立っているかどうか気をつけてください。
もし立っていれば、その看板に書かれている管理会社の電話番号をメモするのです。
その上で直接管理会社に問い合わせて、オーナーと交渉させてもらうのです。
また契約する前に家賃と礼金の交渉をすると、意外と値引きをしてくれます。

    お奨め情報

  • 地球と人にとてもやさしいエコロジー素材にこだわった注文住宅を湘南周辺で探しているなら、大空間、大開口を可能にした木造最強構法のSE構法にも対応してくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 良い不動産物件を探すために知っておくべき裏ワザ All Rights Reserved.